発酵食品と酵素の力で、いつまでもキレイで健康にくらす!

専門家インタビュー

発酵食品とは?

美醸ラボトップ > 発酵食品とは?

菌が活躍する発酵食品

発酵と腐るのって何が違うの?

食材に付着した微生物は、発酵の過程で食材に含まれるでんぷん質やたんぱく質を分解し、アミノ酸や糖分などの新しい栄養成分を生成するよ。
その微生物の活動によって、元の食材にはない美味しさや、人間にとって有益な栄養成分が加わった食品へと生まれ変わったのが発酵食品というわけ!

発酵食品の効果 菌にはいろんな種類があって、 いろんな効果があるよ!

善玉菌の栄養となる食物繊維が豊富。善玉菌と食物繊維の相乗効果で、便秘や肌荒れの予防に効果がある。

加熱した穀類に繁殖する菌。消化補助と、うまみ成分アップの効果がある。また腸内環境を整え、お通じを良くしてくれます。

納豆を作る菌。「ナットウキナーゼ」という成分が含まれており、血栓を溶解する作用があるため動脈硬化を予防する。また、ビタミンKが豊富で骨粗鬆症の予防にも効果がある。

糖を発酵させて乳酸を作る菌。タンパク質や脂肪の分解、便秘予防に効果がある。
また、腸内の善玉菌を増やして細菌や病原菌から守ってくれる働きがある。

アルコールを酢酸に変える菌また、酢には内臓脂肪を減らす働きがあり、高血圧・高血糖・高コレステロールの予防にも効果がある。。酢酸は細胞の中に入るとクエン酸に変わり、疲労回復の効果がある。

パンやお酒、味噌を作るときに用いられる菌。糖質や脂質を分解する働きがあり、高血糖を予防する。また、腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えてお通じを良くしてくれる働きがある。

発酵食品の記事を読む

菌が活躍する発酵食品

発酵と腐るのって何が違うの?

食材に付着した微生物は、発酵の過程で食材に含まれるでんぷん質やたんぱく質を分解し、アミノ酸や糖分などの新しい栄養成分を生成するよ。
その微生物の活動によって、元の食材にはない美味しさや、人間にとって有益な栄養成分が加わった食品へと生まれ変わったのが発酵食品というわけ!

発酵食品の効果 菌にはいろんな種類があって、 いろんな効果があるよ!

善玉菌の栄養となる食物繊維が豊富。善玉菌と食物繊維の相乗効果で、便秘や肌荒れの予防に効果がある。

加熱した穀類に繁殖する菌。消化補助と、うまみ成分アップの効果がある。また腸内環境を整え、お通じを良くしてくれます。

納豆を作る菌。「ナットウキナーゼ」という成分が含まれており、血栓を溶解する作用があるため動脈硬化を予防する。また、ビタミンKが豊富で骨粗鬆症の予防にも効果がある。

糖を発酵させて乳酸を作る菌。タンパク質や脂肪の分解、便秘予防に効果がある。
また、腸内の善玉菌を増やして細菌や病原菌から守ってくれる働きがある。

アルコールを酢酸に変える菌また、酢には内臓脂肪を減らす働きがあり、高血圧・高血糖・高コレステロールの予防にも効果がある。。酢酸は細胞の中に入るとクエン酸に変わり、疲労回復の効果がある。

パンやお酒、味噌を作るときに用いられる菌。糖質や脂質を分解する働きがあり、高血糖を予防する。また、腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えてお通じを良くしてくれる働きがある。

発酵食品の記事を読む

(c) 2016 Message Design Lab Inc.