発酵食品と酵素の力で、いつまでもキレイで健康にくらす!

専門家インタビュー
美醸ラボトップコラム一覧 > 乳酸菌で腸美人! キレイを磨く甘酒スイーツ

乳酸菌で腸美人! キレイを磨く甘酒スイーツ

執筆者 金子あきこ | 2017.3.3
甘酒いちご白玉スイーツ

今日は桃の節句、子供の健康と幸福を願う「ひな祭り」ですね。

ひな祭りといえば、桃の花や菱餅、甘酒などを思い浮かべるのではないでしょうか。これらは、ただ見た目が美しいから飾られるのではなく、飾られるのにはちゃんと意味があるんですよ。

桃の花の香りは邪気を払うといい、魔よけの意味があります。菱餅は、下から白、赤、緑の3色は「白が雪どけ」「緑は草が芽生え」「赤は花が咲く」を意味します。この三色が合わさり春の情景を表していたんですね。

では、甘酒を飲む習慣にはどんな意味があるのでしょうか?

ひな祭りに甘酒を飲むようになった由来

ひな祭りは最初、男女の厄を払う日として作られました。その頃お祭りで飲むものは、甘酒ではなくお酒に桃の花びらを浮かべた「桃花酒」でした。

時がたち、祭りで飲まれるお酒は、蒸したもち米、麹、焼酎を熟成させた白酒へと変わっていきます。祭り自体も男女の厄を払う日から、特に女の子の幸せを祈る日になりました。しかし、白酒はアルコールを含んでいますから、祝われる子供達は飲めません。そこで子供も飲める白酒ということで、甘酒が飲まれるようになったのです。

白酒には厄除けという意味が込められ、ひな祭りに飲まれるようになったんですね。

甘酒は天然のビタミン剤

甘酒はお米に含まれているでんぷんを麹が酵素の力でゆっくりと発酵することで、甘みが出ます。

お米の表面についているたんぱく質は麹菌の分解作用により、必須アミノ酸(体内で合成できないアミノ酸)群に変わります。発酵によりビタミンB1、B2、B6などのB群が増えていくのです。

ビタミンB群といえば、糖質や脂質、たんぱく質の消化に欠かせない栄養素であることは、知っていますか? ビタミンB群をしっかり摂って消化がスムーズに行われれば、痩せやすい体質になることも夢ではありませんので、ダイエットしたい方には特に甘酒はおすすめです。

もちろん乳酸発酵ですので、乳酸菌もばっちり入っています。甘酒は腸内環境を整えることも得意とするわけです。甘酒は天然のビタミン剤といえるほど素晴らしいパワーをもっていると言えますね!

市販の甘酒は栄養あるの?

甘酒ブームから沢山の商品が発売されていますが、原材料欄に「麹・米・塩」だけが書いてある余計な材料が含まれていない商品を選ぶようにしましょう。

砂糖が入っている商品などは味を甘酒風に作っているだけです。また、市販品は風味や味が変わらないように、加熱処理により発酵を止めています。発酵が進むと味が変わってしまいますからね。多少栄養素は減りますが、それでも甘さは乳酸発酵することで作られたものですからご安心くださいね。

しかしせっかくなら甘酒の栄養素を丸ごと摂りたいなぁ。ご安心ください。ご自宅にある炊飯ジャーでも1晩で作れます。

作り方は、以前ご紹介した「栄養がつまった甘酒でキレイ度アップ!」をご覧ください。

ひな祭りにぴったり栄養満点な甘酒スイーツを作ろう!

紹介する2品とも砂糖不使用! 甘酒のみの優しい甘さが特徴的なスイーツです。

◆甘酒いちご白玉

甘酒いちご白玉スイーツ

【材料(2人分)】

(材料A)
・白玉粉  30g
・水  約30㏄
(材料B)
・甘酒(原液のもの)  50㏄
・牛乳  50㏄
苺  中6個
ミント  お好みで

【作り方】

1:Aの白玉粉に様子を見ながら水を加え、耳たぶくらいの固さにしたら、6個に分け丸める。

2:沸騰したお湯に入れ、1~2分して浮き上がってきたものをすくい冷水にとる。

3:苺をすりおろしておく。

4:Bの甘酒と牛乳を合わせ、火にかけ人肌より少し暖かいくらいの温度になったら苺を加える。

5:白玉と4を合わせる。


◆甘酒チーズムース

甘酒チーズムース

【材料(2人分)】

牛乳  50㏄
粉ゼラチン  3g
クリームチーズ  30g
甘酒(原液のもの)  120㏄
※トッピングはお好みで

【作り方】

1:牛乳を80℃位に加熱しゼラチンを溶かす。

2:クリームチーズを加えよく合わせる。

3:甘酒を加えかき混ぜたら、カップに入れて2時間ほど冷やす。


甘酒を砂糖の代わりに使うことで代謝を促し、ビタミン、ミネラル、乳酸菌などの補給にもなります。美容効果もばっちりです!

毎日の積み重ねがキレイを作りの秘訣。ひな祭りに限らず、甘いものが食べたくなったら甘酒料理を食べて、美味しくきれいになっちゃいましょう!

甘酒いちご白玉スイーツ

この記事が気に入ったらシェア!しよう

FacebookやTwitterで更新情報を手に入れよう!

フォローする
金子あきこ

執筆者
金子あきこ

管理栄養士、節約美容料理研究家。1978年、大阪府生まれ。東京家政大学短期大学部栄養学科卒業後、特別養護老人ホームやデイサービス、幼稚園にて献立作成、栄養事務、調理業務などに携わる。ごはんとお味噌汁を中心としたシンプルな食生活により、体重減少そして体重維持ができ、肌がキレイになった。実体験をもとに、健康や美容に関するコラム執筆やセミナー、レシピ提供など幅広く活躍中。2児の母。 節約美容料理研究所  http://setuyakubiyouryouri.jimdo.com/

美醸ラボとは美醸ラボとは

30~50代の女性を対象に、キレイと健康の情報を提供するサイトです。 「ダイエット」「アンチエイジング」「更年期障害」の3つを柱として、専門家からのアドバイスや役立つ情報を紹介します。  とくに「発酵食品」と「酵素」に注目します。味噌、醤油、麹など伝統的な日本食に美と健康のヒントを発見するとともに、「酵素」のパワーを積極的に取り入れることを提案します。 30~50代の女性を対象に、キレイと健康の情報を提供するサイトです。 「ダイエット」「アンチエイジング」「更年期障害」の3つを柱として、専門家からのアドバイスや役立つ情報を紹介します。  とくに「発酵食品」と「酵素」に注目します。味噌、醤油、麹など伝統的な日本食に美と健康のヒントを発見するとともに、「酵素」のパワーを積極的に取り入れることを提案します。 発酵食品とは発酵食品とは 酵素とは酵素とは 更年期障害とは更年期障害とは

おすすめタグおすすめタグ

タグ一覧はこちら

人気記事ランキング人気記事ランキング

執筆者一覧執筆者一覧 キャラクター一覧キャラクター一覧 twitterでフォローするtwitterでフォローする

監修

監修

圓尾和紀(まるお・かずき)

管理栄養士。静岡県立大学で修士号を取得後、管理栄養士として総合病院に勤務。現在は独立し、日本の伝統食とファスティングの良さを伝える活動に携わる。メディア出演多数、著書 『一日の終わりに地味だけど「ほっとする」食べ方』(2017年)。

(c) 2016 Message Design Lab Inc.