発酵食品と酵素の力で、いつまでもキレイで健康にくらす!
専門家インタビュー
美醸ラボトップコラム一覧 > 酵素を食べ物やサプリで摂取するのは無意味?よく聞く効果について説明

酵素を食べ物やサプリで摂取するのは無意味?よく聞く効果について説明

執筆者 こやなぎ | 更新日:2023.10.10

酵素サプリや食品は最近よく目にしますよね。
でも、本当にそれらの効果が無意味なのではないかと疑問に思ったことはありませんか?
今回は看護師である筆者が、本当に酵素を摂取することに意味があるのか、無意味ではないのかをお伝えいたします。

酵素が効果ないっていわれるのはどういうこと?

酵素

最近よく目にするようになった酵素。
でも、「酵素を摂取しても意味が無い」とも聞いたことがある、なんて方もいるのでは無いでしょうか。
今回は、酵素の効果や種類などの概要についてお伝えします。

酵素の概要について

酵素とは、わかりやすく言うと「人が生きていく上で必要な化学反応を体の中で起こしているタンパク質」のことです。
そして1つの化学反応に対して1つの酵素が担当しています。
いわば化学反応と酵素はマンツーマンの関係です。

例えば、ある化学反応Aには酵素Aが使われているとします。
酵素Aは別の化学反応に使われることはありません。酵素Aは化学反応Aに対してのみしか効力を発揮しないのです。
人の生命維持には多くの化学反応が必要となり、それぞれの反応にはすべてに違う種類の酵素が関わっています。
よって生体維持のための化学反応の数だけ人の体内には酵素があると言われており、その数は5000種類にも上ると言われています。

酵素そのものの効果

  1. 食物酵素は体内酵素の働きをサポートして、生命維持に必要な化学反応を補助する
  2. 消化酵素は食べ物を消化することでエネルギーを生み出す
  3. 代謝酵素は生命活動に必要な化学反応のすべてを担っている

酵素の種類

人が生命維持に必要な化学反応を行うために元から体内に持っている酵素を「体内酵素」といいます。
それに対して、食べ物などに含まれている、元来人の体にはない酵素のことを「体外酵素」と呼びます。
体内酵素には、食べ物の消化を行う「消化酵素」、身体の反応の中で消化以外の生命維持のために起こる化学反応を担当する「代謝酵素」の2つのグループに分けることができます。
体内酵素に対して体外酵素とは、その文字通り言うと人の体の中にはない酵素のことです。
私たち人間が体外酵素を取り入れるためにできることは、体外酵素を多く含む食品である果物や野菜などを食べることです。そういった食品に含まれる、人の体内にはない酵素を「食物酵素」と呼びます。
食物酵素はその名の通り食品に含まれているため、食べ物から体の中に取り入れることができます。食物酵素には、体内酵素の働きをサポートする役割があります。
食物酵素を多く含む食べ物には、発酵食品、果物、野菜、生魚などが挙げられます。

オススメ記事

酵素パワーを活かしてプチ断食!実際にやってみた方法と効果をご紹介

「手っ取り早く痩せたい。」そんな願いを叶える1つの手法として酵素パワーを使ったプチ断食があります。この記事では、実際に筆者が実践したリアルな感想なども載せていますので、皆さんもぜひ挑戦してみてください!


記事を見る

酵素を口から摂取したときの流れ

酵素を口から摂取したときの流れ

  1. サプリを水と共に口から飲み込む
  2. サプリの外壁が胃酸によって溶かされる。
  3. 酵素はタンパク質であるため、同じく胃酸で溶かされ、アミノ酸に分解される
  4. 胆汁によりサプリ内に入っていた脂肪はグリセリンに分解される
  5. 小腸でアミノ酸やグリセリンなどは体内に吸収される。
  6. 水分のみが大腸から吸収される

(参照:大腸はどのような働きをしているの? | 看護roo![カンゴルー]

上記で示したように、例え酵素のサプリを摂取したとしても、酵素はタンパク質でできているため、胃酸でアミノ酸に分解されてしまいます。
しかし、決して無意味では無いのです。アミノ酸は我々が生きていく上で必要な栄養素であることに変わりはありません。
たとえ、酵素そのものの効果が期待できなかったとしても、それを分解して体に吸収したアミノ酸には免疫や美容などの多くの効果が期待でき、無意味ではないのです。

酵素サプリや酵素が多く含まれる食品の効果

酵素サプリや酵素が多く含まれる食品の効果

結論から言うと、腸で効果が期待できる酵素であれば、その効果がある程度期待できるが、サプリの形状によっては無意味となる場合もあります。

先の章において、酵素サプリに含まれる酵素は、基本的に胃酸によって分解され、アミノ酸になることをお伝えしました。
酵素はその形によって様々な働きを持っていますので、アミノ酸に分解された時点で酵素としての働きは失われていると言えるでしょう。

しかし、胃酸に溶かされる事なく胃を通過できるカプセルタイプのサプリであれば、無事に小腸まで酵素の力を維持したままであることが期待できます。

ですが、小腸は基本的にアミノ酸まで分解されたものしか吸収しません。
よって、摂取した酵素が小腸や大腸に留まっている間に効果を発揮するようなものであれば、そのサプリには効果があると言えるでしょう。
もし小腸や大腸などで効果を発揮するような酵素ではなかった場合、何も働くことはなく腸ぜん動によってお通じとして体の外に排出されます。
また、野菜など、植物においても同じことが期待されます。カプセルの部分にあたるものが、植物特有の細胞壁という構造です。
植物の細胞内にある酵素が細胞壁によって胃酸から守られている状態で胃を通過でき、腸で力を発揮するタイプの酵素であれば腸の中にいる間に働くことが期待できます。

酵素サプリを選ぶ時の注意点

注意点

今回は、酵素サプリを選ぶ際にどのような事に気をつけるべきか、また酵素サプリに期待できる効果についてお伝えします。

酵素サプリは医薬品では無いことを理解する

大前提として、「医薬品」という記載がない酵素サプリに効果を期待してはいけません。
厚生労働省が薬事法という法律で定義する医薬品は「人の身体の構造又は機能に影響を及ぼすことが目的とされている物」であり、わかりやすくいうと「効果があると認められたもの」ということです。
つまり、医薬品と表示されていない「酵素サプリ」は、たとえどんな効果効能がそのサプリにあると記載されていたとしても、その表記は無意味であると考えるべきです。
実際に人体に劇的な影響を及ぼすものでは無いと理解しなければいけません。
具体的に言えば、「これを飲めば痩せます」「これを飲むと胃腸の調子が改善します」と書いてある医薬品では無い酵素サプリは、効果はありません。
そういったもののほとんどは、「摂取することで現状維持をする可能性がある」だけなのです。
「体重を落とすために酵素サプリを飲む」「胃が荒れているのを治すためにサプリを飲む」などは全く効果がありません。
もし本当にそういった効果が欲しいのであれば、かかりつけ医や専門のクリニックなどに行き、薬を処方してもらうしかありません。

(参照・引用:厚生労働省「消費者庁及び消費者委員会設置法第5条の規定に基づく資料の提出の協力依頼について」

どんな効果を期待して酵素サプリを摂取するか考える

酵素サプリに現状を改善する効果がないということを理解した上で考えることは、「どんな効果を期待して酵素サプリを摂取するか」を適切に理解することです。
サプリには「改善する」効果はありませんが、現状を維持する可能性があります。
最初に「痩せたい」と思っていたのであれば、酵素サプリを飲むことで「痩せることはできないけれど、これ以上体重が増えない」ようにしたいですよね。
であれば、その効果があるサプリを探すことをしなければなりません。
前述したように、酵素は1つにつき1つの効果しかありません。
つまり、ご自身が目指す効果に合致した酵素を含む適切なサプリを飲まなければ無意味となってしまうのです。

サプリに使用されている原材料の順番を確認する

自分の目的に合った酵素を含んだサプリが複数あった場合には、その原材料を確認してください。原材料は基本的に配合量が多いものから記載されています
最初の方に添加物や糖質が記載されているものよりも、「植物エキス」などの酵素を多く含むものを記載されている方が、その酵素をより多く摂取することができます。

(参照:保健機能食品について | 消費者庁
新たな加工食品の原料原産地表示制度に関する情報 | 消費者庁

酵素を含む食品を効果的に食べるには?

酵素を含む食品を効果的に食べるには

今回は酵素を多く含んだ食べ物を食べるときの注意点をお伝えします。
せっかく選んだ食品も、摂取方法によっては酵素が無意味になってしまうこともあるので、効果的な食べ方を意識してくださいね。

熱を加えない

食べ物に含まれている食物酵素は、70℃以上になると失活(タンパク質の形が変わって、酵素として働かなくなってしまうこと)してしまいます。
そのため酵素を摂取するには加熱調理はせず、「生」の状態で食べるのがベストです。
野菜は茹でたり焼いたりせず、生のままで食べるのをおすすめします。

よく噛んで食べる

食事をする際は、よく噛んで食べましょう。
よく噛むと唾液に含まれるアミラーゼという酵素が働き、消化を助けてくれます。
アミラーゼはでんぷんをブドウ糖に変化させる酵素ですので、特に炭水化物を摂取する際などはよく噛んで食べると消化をより助けてくれます。

腹八分目を意識する

酵素を取り入れる場合には生で食べることが推奨されます。
しかしお野菜などを生で食べる場合には、加熱した時よりも胃腸に負担をかけてしまいます。
胃腸などの消化器官に負担をかけないよう、腹八分目にするのも大切です。

オススメ記事

酵素が多い野菜ランキングBEST6|本当に効果的に食べる方法とは?

健康や美容に良いとされている酵素。ぜひ食生活に取り入れたいですよね。今回は看護師である筆者がどの野菜にどんな効果がある酵素が多いのかをランキング形式でお伝えします。ぜひ記事を読んで酵素を日々のお食事に取り入れてみてくださいね。


酵素が多い野菜ランキングBEST6|本当に効果的に食べる方法とは?

記事を見る

酵素の摂取は無意味じゃない◎

まとめ

口から酵素を摂取することは効果が大きいといえないものの、酵素そのものではなく別の健康、美容効果があるとご理解いただけたでしょうか。
この記事で皆さんは、口から酵素を摂取した場合には、あまり効果がないのかおおまかに説明できるようになったと思います。
ぜひ正しい知識を持ってお友達やご家族に教えてあげてくださいね。

#健康 #効果 #酵素 

この記事が気に入ったらシェア!しよう

googleplusシェアする

FacebookやTwitterで更新情報を手に入れよう!

いいねする フォローする
執筆者
こやなぎ

看護師歴6年。集中治療室に勤務し、メインで循環器内科、その他消化器外科・呼吸器科・心臓血管外科などを専門としていました。在職中に心不全療養指導士の資格取得しています。プライベートでは0歳男児を育てる母です。女性目線、看護師目線のわかりやすい文章を書くことをモットーとしています。

この執筆者の記事を読む この執筆者の記事を読む

美醸ラボとは美醸ラボとは

30~50代の女性を対象に、キレイと健康の情報を提供するサイトです。 「ダイエット」「アンチエイジング」「更年期障害」の3つを柱として、専門家からのアドバイスや役立つ情報を紹介します。  とくに「発酵食品」と「酵素」に注目します。味噌、醤油、麹など伝統的な日本食に美と健康のヒントを発見するとともに、「酵素」のパワーを積極的に取り入れることを提案します。 30~50代の女性を対象に、キレイと健康の情報を提供するサイトです。 「ダイエット」「アンチエイジング」「更年期障害」の3つを柱として、専門家からのアドバイスや役立つ情報を紹介します。  とくに「発酵食品」と「酵素」に注目します。味噌、醤油、麹など伝統的な日本食に美と健康のヒントを発見するとともに、「酵素」のパワーを積極的に取り入れることを提案します。 発酵食品とは発酵食品とは 酵素とは酵素とは 更年期障害とは更年期障害とは

おすすめタグおすすめタグ

タグ一覧はこちら

人気記事ランキング人気記事ランキング

執筆者一覧執筆者一覧 キャラクター一覧キャラクター一覧 twitterでフォローするtwitterでフォローする

監修

監修

圓尾和紀(まるお・かずき)

管理栄養士。静岡県立大学で修士号を取得後、管理栄養士として総合病院に勤務。現在は独立し、日本の伝統食とファスティングの良さを伝える活動に携わる。メディア出演多数、著書 『一日の終わりに地味だけど「ほっとする」食べ方』(2017年)。

(c) AiTRIGGER Inc.