発酵食品と酵素の力で、いつまでもキレイで健康にくらす!

専門家インタビュー

自分で診断をしてみよう! プレ更年期、更年期症状のセルフチェック

美醸ラボトップ更年期障害とは > 自分で診断をしてみよう! プレ更年期、更年期症状のセルフチェック

このページでは、プレ更年期、更年期障害に該当するか、自分で簡易的な診断ができます。「最近、調子が悪いな」「この頃、物忘れがひどいな」など、この症状ってもしかしたら更年期? と、気になった方は、まずは下のチェック項目でいくつ当てはまるのかを調べてみましょう。

●更年期前のプレ更年期チェックはコチラから
●更年期チェックはコチラから

医者がボードとペンを持っている

プレ更年期度チェック

プレ更年期とは、女性ホルモンが少しずつ低下し始めた、更年期に入る前の時期のことです。女性ホルモンが低下すると心と体がそれに反応し、それまでなかった症状が現れ始めます。しかし、この時期からやがてくる更年期に向けて対策していけば、更年期の不快な症状を楽にできるでしょう。

<プレ更年期度チェックリスト>

「心」「体」「肌や髪などの見た目」について当てはまるものにチェックし、その合計を出してください。

心のこと

No.   症状

1. イライラしやすくなった
2. 涙もろくなった
3. 物忘れが激しい
4. 1つのことに集中していられなくなった
5. 気力がなくなった
6. すぐ落ち込みやすくなった
7. なかなか眠れなくなり、眠りが浅いと感じる
8. 以前より判断力が落ちたと感じる


体のこと

No.   症状

1. 生理の出血量が少なくなった
2. 月経周期が短くなった<
3. 急にほてったり、冷たくなってゾクゾクしやすくなった
4. 顔や首、頭など首から上に汗をかきやすくなった
5. 手足が冷えやすくなった
6. 急に息切れや胸がドキドキする
7. 便秘や下痢気味になりやすくなった
8. 頭痛、めまい、吐き気がおこりやすくなった
9. 目がかすむ、乾く、痛みがはしることもある
10. 疲れやすくなった
11. 肩こり、腰、関節に痛みがでることがある
12. 手足にしびれや、痛みがでることがある
13. ダイエットで体重が落ちにくくなった
14. トイレが近くなった
15. セックスのとき、性交痛や膣が乾燥 しやすくなった


肌や髪など見た目のこと

No.   症状

1. 肌がかさついて、かゆみを感じる
2. 肌がくすんできた
3. 肌がたるんきた
4. しみ、しわが増えた
5. 髪にハリがなくなり、白髪も増えた
6. 口の中が乾く
7. 爪にすじがはいり、割れやすくなった


鏡で状態をチェックする女性

<チェック結果>

チェックが4個以下の方

プレ更年期の心配なし
女性ホルモン減少による症状は出ていないようです。

チェックが5~9個の方

プレ更年期の予備軍
プレ更年期と断定できませんが、いくつかプレ更年期の症状が見られます。一時的にホルモンバランスが崩れている可能性もありますが、このタイミングで日々の生活を整えて更年期の症状が軽くなるよう対策してみてはいかがでしょうか。

チェックが10~19個の方

ちょっとプレ更年期

プレ更年期の症状が少し出てきています。更年期の症状が重くならないように、生活習慣を建て直す時期だともいえます。症状を緩和させる方法を調べ始めるのにもいい時期です。

チェックが20個以上の方

まさにプレ更年期
プレ更年期の症状が多く見られます。今でている症状は、女性ホルモンが減少し始めたせいで引き起こされたと考えられます。生活習慣を見直すと共に、医療機関で診察を受けたり、辛いときは、症状を緩和する方法を試してみてもいいでしょう。

更年期について(簡易更年期指数チェック)

更年期とは、閉経前5年と閉経後5年を合わせた計10年間のことをといい、40代後半から50代前半頃に始まる方が多いとされています。

更年期かどうか、下の簡易チェックで確認してみよう!

いかがでしたか?
気をつけてほしいのは、更年期になりやすい40代後半から50代前半頃であっても、全ての症状を更年期障害と結び付けないでほしいのです。更年期障害とよく似た症状の病気もありますし、女性ホルモンの減少により他の病気になる可能性も考えられるからです。心配なときは、かかりつけ医や女性外来などの専門機関に診察してもらいましょう。

こちらのページでも更年期障害についてご説明しています。

なぜ更年期障害は起こる? その原因とは?
更年期障害の症状とはどんなもの?
いつから何をすれば予防できるの? 更年期障害を予防とは

美醸ラボとは美醸ラボとは

30~50代の女性を対象に、キレイと健康の情報を提供するサイトです。 「ダイエット」「アンチエイジング」「更年期障害」の3つを柱として、専門家からのアドバイスや役立つ情報を紹介します。  とくに「発酵食品」と「酵素」に注目します。味噌、醤油、麹など伝統的な日本食に美と健康のヒントを発見するとともに、「酵素」のパワーを積極的に取り入れることを提案します。 30~50代の女性を対象に、キレイと健康の情報を提供するサイトです。 「ダイエット」「アンチエイジング」「更年期障害」の3つを柱として、専門家からのアドバイスや役立つ情報を紹介します。  とくに「発酵食品」と「酵素」に注目します。味噌、醤油、麹など伝統的な日本食に美と健康のヒントを発見するとともに、「酵素」のパワーを積極的に取り入れることを提案します。 発酵食品とは発酵食品とは 酵素とは酵素とは 更年期障害とは更年期障害とは

おすすめタグおすすめタグ

タグ一覧はこちら

人気記事ランキング人気記事ランキング

執筆者一覧執筆者一覧 キャラクター一覧キャラクター一覧 twitterでフォローするtwitterでフォローする

監修

監修

圓尾和紀(まるお・かずき)

管理栄養士。静岡県立大学で修士号を取得後、管理栄養士として総合病院に勤務。現在は独立し、日本の伝統食とファスティングの良さを伝える活動に携わる。メディア出演多数、著書 『一日の終わりに地味だけど「ほっとする」食べ方』(2017年)。

(c) 2016 Message Design Lab Inc.