発酵食品と酵素の力で、いつまでもキレイで健康にくらす!

専門家インタビュー
美醸ラボトップコラム一覧 > 自家製水切りヨーグルトのホエーの活用法(1) リコッタチーズ

自家製水切りヨーグルトのホエーの活用法(1) リコッタチーズ

執筆者 izumi | 2017.7.19
リコッタチーズ

前回、水切りヨーグルトの作り方をご紹介しました。その際に出る濾した後の水分、ホエー(乳清)。このホエーには乳酸菌やビタミンなど、ヨーグルトに含まれる成分がたくさんつまっています。これはこのままドリンクにして割って飲んでも美味しいのですが、そのほかにも利用法があるとお料理の幅が広がりますね。

今回はこのホエーを使って手作りのリコッタチーズの作り方をお伝えします。

リコッタチーズとは? カッテージチーズと似ているけど違うの?

リコッタチーズとはイタリア語でRe(再度)cotta(煮る)という意味。似たものではカッテージチーズがありますが、作る材料が異なります。

リコッタチーズにはホエーが使われています。作り方はいくつかありますが、ホエーが使われている点は共通です。一方、カッテージチーズは酢やレモン汁など酸を加えて作ります。

リコッタチーズは最近ではパンケーキブームとともに知られるようになりました。ローカロリーでヘルシーなリコッタチーズはダイエットの強い味方。クセがないので、チーズが苦手な方も美味しくいただけると思います。

サラダに散らしたり、サンドイッチの具にしたりと用途はさまざまですが、市販のものは少し高価でなかなか手がでないという方も多いのではないでしょうか。手作りできれば手軽に楽しむことができますね。

自家製リコッタチーズの作り方

手作りのリコッタチーズの作り方をご紹介します。

【材料】

ホエー(乳清)100ml
牛乳 500ml
酢 小さじ1/2
塩 ひとつまみ

【作り方】

1. 牛乳を鍋に入れ、沸騰する寸前まで弱火で拭きこぼれないようにあたためる。

牛乳


2. ホエー、酢を入れ、さらに弱火でかき混ぜながら5分程あたためる。


3. しばらくするともろもろとして、分離してくる。

分離した牛乳


4. 火をとめ、ペーパーフィルターをセットしたコーヒー用のドリッパーに入れて濾す。

コーヒードリッパーで濾してできたチーズ


5. 濾されてひと固まりになったチーズを別の保存容器に入れ、塩を混ぜる。


6. あら熱をとり、冷蔵庫で保存する。

出来あがったリコッタチーズは発酵をしていないため、あまり日持ちがしません。2、3日程で食べきるようにしましょう。

リコッタチーズを濾した後の水分もホエー。これも再利用を。

リコッタチーズを作るとき濾しますが、この濾したときに出る水分もホエーです。ただし、ヨーグルトのホエーと違い、酸味は殆どありません。これは、スープなどにするか、カレーやパンを作る時の水分にするとよいでしょう。

スープなどにする場合は、うまみが十分に含まれているので出汁は不要。味噌、カレーパウダー、コンソメなどで味付けをし、冷蔵庫にあるお好みの野菜を入れるとよいでしょう。

ホエーのカレースープ

リコッタチーズを作った後のホエーを使って、カレースープを作るレシピをご紹介します。

カレースープ

【材料】

リコッタチーズを作った際のホエー 全量
固形コンソメ 1個
カレーパウダー 大さじ2
ベーコン、ハムなどの肉類 2枚程度、ソーセージなら2本程度
冷蔵庫にあるお好みの野菜
(キャベツ、いんげん、きのこ類、たまねぎ、にんじんなど お好みで)適宜

【作り方】

1. 野菜とベーコン、ハム、ソーセージなどは1cm角に切っておく。キャベツなどは食べやすい大きさにちぎっておく。


2. 鍋にホエーとコンソメを入れ、軽く沸騰する位まであたためる。


3. 切った材料をすべて入れ、ひと煮たちした後、カレーパウダーを入れ、よくなじませる。


いかがでしたでしょうか。
水切りヨーグルトを作った後に出たホエーは栄養満点なので是非活用してみてくださいね! 次回はドリンクへの応用方法をお伝えします。

リコッタチーズ

この記事が気に入ったらシェア!しよう

FacebookやTwitterで更新情報を手に入れよう!

フォローする
izumi

執筆者
izumi

発酵食料理研究家。 マーケット調査やMD、企画の経験を活かし、ウェブライターや食育インストラクターとしても活動。 金沢を拠点とする「発酵食大学」の東京校、NHK学園オープンスクールの講師も務め、東京都内や近郊で発酵食品の活用や食育にまつわる講座を開催。 発酵食品を、日常の食事へ取り入れるための活用法や、調味料として使用するためのアイディアを、個人主催、企業主催問わず料理教室や座学講座などを通して伝えている。 ブログ・http://cyuramoon.minibird.jp/

美醸ラボとは美醸ラボとは

30~50代の女性を対象に、キレイと健康の情報を提供するサイトです。 「ダイエット」「アンチエイジング」「更年期障害」の3つを柱として、専門家からのアドバイスや役立つ情報を紹介します。  とくに「発酵食品」と「酵素」に注目します。味噌、醤油、麹など伝統的な日本食に美と健康のヒントを発見するとともに、「酵素」のパワーを積極的に取り入れることを提案します。 30~50代の女性を対象に、キレイと健康の情報を提供するサイトです。 「ダイエット」「アンチエイジング」「更年期障害」の3つを柱として、専門家からのアドバイスや役立つ情報を紹介します。  とくに「発酵食品」と「酵素」に注目します。味噌、醤油、麹など伝統的な日本食に美と健康のヒントを発見するとともに、「酵素」のパワーを積極的に取り入れることを提案します。 発酵食品とは発酵食品とは 酵素とは酵素とは 更年期障害とは更年期障害とは

おすすめタグおすすめタグ

タグ一覧はこちら

人気記事ランキング人気記事ランキング

執筆者一覧執筆者一覧 キャラクター一覧キャラクター一覧 twitterでフォローするtwitterでフォローする

監修

監修

圓尾和紀(まるお・かずき)

管理栄養士。静岡県立大学で修士号を取得後、管理栄養士として総合病院に勤務。現在は独立し、日本の伝統食とファスティングの良さを伝える活動に携わる。メディア出演多数、著書 『一日の終わりに地味だけど「ほっとする」食べ方』(2017年)。

(c) 2016 Message Design Lab Inc.