発酵食品と酵素の力で、いつまでもキレイで健康にくらす!

専門家インタビュー
美醸ラボトップコラム一覧 > アナタの気になる症状は、更年期かも!? キレイと元気のもと、女性ホルモンと仲良くしよう!

アナタの気になる症状は、更年期かも!? キレイと元気のもと、女性ホルモンと仲良くしよう!

執筆者 美醸ラボ編集室 | 2016.11.6
プレ更年期からの女性ホルモン塾

『プレ更年期からの女性ホルモン塾』

著者:対馬ルリ子、吉川千明、小学館、1400円+税

「更年期? まだまだ先のことでしょ」と思っている30代のアナタ、肩こりや不眠、めまいなど、原因不明の体調不良が続いているとしたら、実はそれこそが更年期の症状かもしれませんよ。

更年期とは、閉経の前後10年間のことで、だいたい40代後半から50代前半にかけて。そしてプレ更年期は、その前の30代後半から40代前半の時期のこと。ですが、女性ホルモンの低下はすでに30代から始まっていて、最近は、ストレスや環境的な要因によって、30代前半から、更年期と同じ症状を訴える人が増えています。

女性ホルモンは、肌や髪の美しさはもちろん、心の働きにも関与して、女性の美容と健康に欠かせないもの。いつまでも元気でいるためには、女性ホルモンを正しく理解することがとても大切。そのためにオススメなのがこの本『プレ更年期からの女性ホルモン塾』。著者は、婦人科ドクターの対馬ルリ子さんと、美容家の吉川千明さん。

更年期の症状はさまざまで、人によって程度もまったく違います。症状の重い人は、日常生活に支障が出るくらい辛いこともあるので、そうなる前に、プレ更年期のうちから正しい知識を得て、予防や対策をしておくのがベストです。

この本では、症状によって「粘膜ヨワヨワさん」「心イライラさん」「関節イタイタさん」「むくみプヨプヨさん」「自律神経ドキドキさん」「中枢神経ボーッとさん」という6タイプに分類。それぞれのタイプに合わせて医学的なアドバイスを中心に、食事、サプリメント、漢方薬、エクササイズ、アロマテラピーなど、役立つ情報が紹介されています。

とくに要チェックなのが、ホルモン補充療法(HRT)について。日本ではまだまだ普及が遅れていますが、欧米ではポピュラーな療法です。乳がんのリスクが上がるというのは誤解で、きちんと理解して使えば、何の心配もないことがくわしく説明されています。更年期障害だけでなく、骨粗しょう症、アルツハイマー、脳卒中、心筋梗塞などの予防、そして美容にも効果的だと知れば、ポジティブにホルモン補充療法を取り入れたくなりますね。

プレ更年期からの女性ホルモン塾

この記事が気に入ったらシェア!しよう

FacebookやTwitterで更新情報を手に入れよう!

フォローする
美醸ラボ編集室

執筆者
美醸ラボ編集室

美醸ラボの編集室です。

美醸ラボとは美醸ラボとは

30~50代の女性を対象に、キレイと健康の情報を提供するサイトです。 「ダイエット」「アンチエイジング」「更年期障害」の3つを柱として、専門家からのアドバイスや役立つ情報を紹介します。  とくに「発酵食品」と「酵素」に注目します。味噌、醤油、麹など伝統的な日本食に美と健康のヒントを発見するとともに、「酵素」のパワーを積極的に取り入れることを提案します。 30~50代の女性を対象に、キレイと健康の情報を提供するサイトです。 「ダイエット」「アンチエイジング」「更年期障害」の3つを柱として、専門家からのアドバイスや役立つ情報を紹介します。  とくに「発酵食品」と「酵素」に注目します。味噌、醤油、麹など伝統的な日本食に美と健康のヒントを発見するとともに、「酵素」のパワーを積極的に取り入れることを提案します。 発酵食品とは発酵食品とは 酵素とは酵素とは 更年期障害とは更年期障害とは

おすすめタグおすすめタグ

タグ一覧はこちら

人気記事ランキング人気記事ランキング

執筆者一覧執筆者一覧 キャラクター一覧キャラクター一覧 twitterでフォローするtwitterでフォローする

監修

監修

圓尾和紀(まるお・かずき)

管理栄養士。静岡県立大学で修士号を取得後、管理栄養士として総合病院に勤務。現在は独立し、日本の伝統食とファスティングの良さを伝える活動に携わる。メディア出演多数、著書 『一日の終わりに地味だけど「ほっとする」食べ方』(2017年)。

(c) 2016 Message Design Lab Inc.